お茶目さについて

突然ですが、今日は私が最近気になっていた昔の日本人が持っていた気質についての考察についてつらつらと書かせていただきます。 外資のマーケティングチームに所属していた時のこと、会議でレビューやプランを発表する際に、迂闊に思い込みや推測でざっくりと話をすすめようとすると「それは推測でないのか?エビデンス(実証データ)はあるのか?」とすぐに厳しい突っ込みを方々からうけるので、プレゼンやレポート、プラン提出に際してはエビデンス、エビデンスと下調べし、手元に膨大なバッグデータを控えて臨んだものでした。 学者さん達の論文と同じですね。 そんな論理的思考推奨派の中で純粋培養され、消費者を裏切ることのない透明性の大事さ、虚偽の情報であると追求を受けないためのリスクヘッジについてもがっつりと教育を受けた私、プレイべートでは冗談は当然いっぱいいいますが、気が付けば仕事にかかわることでいいかげんなことは言えない、間違いやあいまい表現にも目ざとい校正も大得意な人になりました。が、最近、自分の仕事にかかわることなのにちゃらんぽらんなことを言う友人を前にして、この大らかさはど

着物で旅行

イギリスから打って変わりまして、モンゴルの話題です。 先日那須塩原にあるモンゴルの遊牧民が暮らすゲルに宿泊できる施設、モンゴリアビレッジ テンゲルへ行きました。 ゲルの内部も素敵です。 施設には天然温泉(内風呂2・露天風呂1)もあり、満点の星空の下で入るのは格別・・・のはずです。私が泊った日は残念ながら曇りで、夜遅くにやっと星が綺麗に見え始めました。 他にも民族衣装体験、夕食時のホーミー・馬頭琴演奏会、キャンプファイヤーなどアクティビティーも充実。10人以上であればゲルの組み立て体験もできるようです。 今回の旅行着物は、曇りのち雨の予報のため ・デニムの着物 ・自作の化繊名古屋帯(化繊の帯揚げ、ガラスの帯留) ・ハイヒール のセットにしました。 上記の雨対策着物のお陰で小雨ふる中も気にせず観光を楽しみことができました。 ※ハイヒールを履くときには踝が見えるくらいの短めの着付けにしています。 *1枚目の写真参照 私は大概の場所に着物で行きますが、特に旅行に着物で行く際の気を付けていること、それは ”いかに自分が楽であるか” 今回は車で移動だったので

野の花を愛でるー紫陽花ー

もうすぐ梅雨。紫陽花が綺麗ですねー。 ピンク、水色、赤紫、紫、水色、青。グラデーションしているものもあるので、カラーバリエーションもも魅力。 多くの他の方々同様、私もこの季節になるとパチパチ、写真を撮ってしまいます。 ところで。以前、外資のマーケティングの仕事で多忙だった頃、起きて、遅くまで働いて、寝て、また起きて仕事に忙殺され、、、自分が機械になったかのように感じられる毎日の中で、通勤時にふと道端で咲いている花を見つけて綺麗だなと感じられた時、まだ自分は大丈夫、人間的な感覚、感性を失っていない、とほっとしていたものです。 茶道はまさに、野の花やお軸を用いて、季節のうつろいや恵みの美しさに気づく機会を与えてくれますが、私の趣味であるヨガの先生がヨガの本来の目的はエクササイズではなくて、自分のマインド・心の動きへの気づきを日常にもたらすことと教えてくれていて。 茶道の精神もきっと、日常に生かすことがきっと大切なんだろうなと感じています。 私にとっては通勤時の道端のお花がフックでしたが、オフィスで忙しい時にふーとするため息が十分ヨガの瞑想に値するとい

Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.