日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ④ ADIHEX

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会出展以外でも、なかなかできないような 面白い経験をたくさんさせていただいていたのにブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している4回目です。 初回、2回目、3回目ははこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 海外展開アブダビ・ドバイ② カスールアルワタン観光 海外展開アブダビ・ドバイ③ルーブルアブダビ観光 私達が今回、日本文化展示会が併設されたのは、アブダビ皇太子主催、 アラブの伝統文化である狩猟・乗馬のADIHEX(オフィシャルサイト)会場。 毎年、王族・政府高官も来場する、11万人の来場がある、アブダビの一大イベント。 私達に目新しかったのは、ご先祖は砂漠の民だったUAE(アラブ首長国連邦)の人々は、 馬、ラクダや狩りのお供だったファルコン(ハヤブサ)をとってもかわいがります。 ファルコンはお札にも描かれていたり、あちこちに飾られているUAE建国の父、 シェイク・ザイ

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ③ ルーブルアブダビ観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会出展以外でも、なかなかできないような 面白い経験をたくさんさせていただいていたのにブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している3回目です。 初回、2回目ははこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 海外展開アブダビ・ドバイ② カスールアルワタン観光 3日目、展示会に出動する前、午前に、 2018年10月に初めてアブダビにきた時には入れなかった、(ホテルのレセプションでオープンしていると聞いていたのに、来てみたら月曜日は定休日だったのです😿。。。) 2017年開館、フランスのルーブル美術館と姉妹館の、 フランス人建築家ジャン・ヌーベル設計の ルーブル・アブダビ美術館(オフィシャルサイト・英語)へ。 ルーブルの海外でのれん貸しなんて初めての巨額なオイルマネーが実現を可能にした ビッグプロジェクトです。 サディヤット島(アラビア語で「幸せの島」の意)に建ってるので周りは海!

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ② カスール・アル・ワタン観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会レポート、なかなかできないような面白い 経験をたくさんさせていただいていたのに、ブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している2回目です。 初回はこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 成田からのアブダビ直行便は深夜過ぎにアブダビ国際空港に着くので、タクシーに乗って 20分ほどでホテルにチェックインすると3時ごろとかになります。 アブダビ初日、展示会開始の前日搬入はお昼からでしたので、仮眠した後、午前元気にどこ か回ってみようかとなりました。 で、何も計画していなかった私たち、行き先が思いつかず。 今回行きたいと思っていた、建設に10年かけ2017年完成した「カスール・アル・ワタン」 に行くことにしました。 「祖国の宮殿」を意味し、大統領・副大統領・アブダビ皇太子の職場。 日本でいう、首相官邸と皇居の合体版ですね。 平和と浄化を意味する白亜の宮殿で、豪華絢爛な内装、美し

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ① シェイクザイードグランモスク観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会レポート、なかなかできないような面白い 経験をたくさんさせていただいていたのに、ブログではご報告できていなかったので、 これを機会に数回に分け、まとめます^^ なかなか行けるところでないので、空き時間に、観光で行ったところについても 今年は海外渡航は難しそうですので、行かせていただけて本当に幸運だったな~と思いま す。初日、展示会会場へ搬入完了後。 UAE建国の父、ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤン(1918~2004没)が建設を指 示した、豪華絢爛なモスク、シェイク・ザイード・グランモスクを一年ぶりに訪ねました。 シェイクは完成をみることなく亡くなり、ここでの最初の式典は彼の葬儀だったそうです。 そして今、彼が眠るところとなっており、彼の墓前では24時間コーランの祈りがずっと捧げ られているそうです。 (UAEの人々は、強いリーダーシップで国をまとめたシェイクを心の底から尊敬していて、 空港・ホテルのロビー、至る所で彼

海外向け和物ギフトとしても。扇子「新型コロナウィルス終息祈願アマビエ扇子」発売

こんにちは、愛子です。 連日、新型コロナウィルス感染症の蔓延状況がニュースで伝えられている中、 疫病退散を祈願する、アマビエ扇子を、昨年アブダビの日本文化展示会にてご一緒しまし た、京都の老舗京扇子メーカーの大西京扇子堂さんから数量限定で発売されることになったそうです! 葛飾北斎の浪裏に軽やかにサーフィンをする アマビエ を組み合わせた、POPなデザイン! パンデミックの世界的危機(荒波)を乗り越えて、一刻も早終息するように願われての企画さ れたとのこと。 粋でいて、かわいいですよね♡ アマビエ、って皆さんはご存知でしたか? 私も、今まで知らなかったのですが、 疫病を退散してくれる、半人半魚の妖怪らしいのです! 子供が描いたようなシンプルなフォルムがかわいらしい。 京都大学所蔵の、アマビエ目撃を伝える、江戸時代後期の木版画。 原典たるアマビエの予言は「(これから先、)豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を絵に写して人々に見せるべし。」と言って、現れるとか。 厚生労働省に、外出自粛呼びかけキャラクターにも 厚生労働省の、外出自粛呼びかけキャラクターに

桜の頃の日本らしい、和スイーツ 

新型コロナウィルス感染拡大を受けて、巣籠りな日々をお過ごしの方も多いかと思いますが、ソーシャルディスタンスを保ちながら買い物に出かけた際に、近所では今年の春も綺麗に桜が花開かせていました。 今年は、外出自粛しているご友人・ご家族と、画像をシェアして、バーチャル花見をしている方の方が多いかもしれませんね。 暗くなるようなニュースが多い昨今、この満開の桜、ひっそり花見の一瞬、はぁー、ふぅーと肩の力を抜いて息がつけて、大きく気分を変えることができました。。。 日本人のDNAには桜に反応する特別な何かが仕込まれているんじゃないかというほど、桜は私たちにとって生の美しさと儚さをあらわし、日本文化の象徴的存在でもありますね。。。 風にたなびく、しだれ桜も風情あります。 八重桜、曇りの日の空の下にポンポンと明るさ運んでくれてかわいらしいですね。 手軽に食べられる春色スイーツ♡と思っていたのですが、今年の春はそれも簡単にいただくこと叶わないですね。 私たちが、日常的にどれだけ、贅沢な幸せ時間を持っていたのかと改めて恵まれていることのありがたさを感じますね。。。

夏の茶花 ほおずき

ビビットなオレンジが、夏感を感じさせてくれる、ほおずきの季節がきました。 200年続く浅草の浅草寺をはじめ、日本各地で開催されるほおずき市も夏の風物詩ですね。身近に感じるこの植物についてちょっと調べてみたくなりました。 ナス科植物で、微量のアルカロイドといものが含まれていて、特に根の部分には子宮の緊縮作用があるヒストニンが含まれており、妊娠中の女性が服用した場合、流産の恐れがあるとか。こ、こわいっ、知らなかった。。。💦 平安時代から鎮静剤として利用され、江戸時代には堕胎剤として利用されていたとか。現在も咳や痰、解熱、冷え性に効果があるとして、干して煎じて飲む風習がある地方が存在するそうです。いろいろ薬効があるとされてきた植物だったのですね。 お盆の時にも飾られていますが、理由は3つあるようです。 灯に見立てた道しるべとして お盆に飾る提灯は、故人があの世から帰ってくる道しるべとなりますが、ほおずきは漢字で鬼灯とも書きますが、その色と形から提灯としてお盆に飾られるように。 ほおずきの空洞に宿るため 仏様になった故人には体がなく、中が空洞になってい

お呼ばれパーティバッグ

先週末、友人の結婚式に参列させていただきました。晴れの日のファッションスタイリング迷います。挙式は四谷のカトリック教会、聖イグナチオ教会でしたので、正統派のパールをつけて。 とても暑い日でしたので、どのデザインにするか迷いましたが、バッグも爽やかさ感じつつも華やかさがしっかりあるこちらをチョイスしました。金糸、銀糸が夏の強い日差しに反射して輝き、列席者の方にもかなり褒めていただきました。 ネイルも同系色、Diorのガーデンという名をチョイスして爽やかさをアップ。 披露宴は丸ビル35Fのフレンチレストランにて。お二人のお人柄がでる、笑いあり、涙あり、才能豊かな友人たちから捧げられた音楽に満ちた、本当にあたたかい祝宴でした。 2次会は丸ビル5階のベトナムカフェで。ちょうど東京駅を真ん前に見渡すことができるテラスもあり、開放的。 wabinalハンドバッグは、デザインによってはラグジュアリー感を出すことができますので、結婚式・入学式・卒業式など、晴れの場には本当にぴったり。 涼やかな白地ベースに揃えました、夏のコレクション”真夏の夜の夢シリーズ”をお手

日本の神話:イベントプロデュースの神様

毎日暑いので、意識をとおーくに向け、今日は突然ですが神話の世界の話です。 随分前ですが、私は神社仏閣や神話、歴史が好きなので日本の神様について学ぼうと「日本の神様がよくわかる本」というわかりやすい神様攻略本を読みました。その中でひときわ興味を持った神様がいて、その方のお名前はフリガナがないと絶対に読めませんが、八意思兼命(ヤゴコロオモイカネノミコト) 。 この神様は日本の神様の中でも珍しくて、例えば、太陽とか、月とか目に見えて存在するものの神様ではなくて、知恵の神様。そして現代でいうとイベントプロデューサーとあったので、マーケティングの仕事をしていてプロモーションイベントに携わることも多かったのでとても興味をおぼえたのです。 彼は天岩戸の有名なお話、太陽神アマテラスオオミカミが岩戸に隠れてしまい、八百万(やおよろず)(大勢)の神々が天安河原(あまのやすかわら)で会議した際、 知恵をだして下記のことを準備させ、最後に、儀式を行うために巫女の天宇受売命(アメノウズメノミコト)を招聘し、儀式を実行した神様です。 長鳴鳥(ながなきどり)をできるだけ多く集

お茶目さについて

突然ですが、今日は私が最近気になっていた昔の日本人が持っていた気質についての考察についてつらつらと書かせていただきます。 外資のマーケティングチームに所属していた時のこと、会議でレビューやプランを発表する際に、迂闊に思い込みや推測でざっくりと話をすすめようとすると「それは推測でないのか?エビデンス(実証データ)はあるのか?」とすぐに厳しい突っ込みを方々からうけるので、プレゼンやレポート、プラン提出に際してはエビデンス、エビデンスと下調べし、手元に膨大なバッグデータを控えて臨んだものでした。 学者さん達の論文と同じですね。 そんな論理的思考推奨派の中で純粋培養され、消費者を裏切ることのない透明性の大事さ、虚偽の情報であると追求を受けないためのリスクヘッジについてもがっつりと教育を受けた私、プレイべートでは冗談は当然いっぱいいいますが、気が付けば仕事にかかわることでいいかげんなことは言えない、間違いやあいまい表現にも目ざとい校正も大得意な人になりました。が、最近、自分の仕事にかかわることなのにちゃらんぽらんなことを言う友人を前にして、この大らかさはど

夏着物でお出かけ 七夕ろうそく能へ

夏着物をきて、昨年もお邪魔しました、埼玉県北浦和にあります国指定有形文化財二木屋での七夕蝋燭能へ出かけてきました。 二木屋は昭和10年建築、日本の伝統的な年中行事と歳時、和食と室礼、懐かしい和の暮らし方を継承されていらっしゃるところ。 蝋燭が飾られた40帖ある、広間が能舞台となります。 夕闇の訪れとともにお庭に飾られた天の川に見立てたキャンドルの炎がきらめき、幻想的な光景に。 会席のお食事もいただけるのですが、広間の奥には、五節句の一つ、七夕の室礼が飾られていました。笹の葉にお願い後ごとの短冊を飾るようになったのは江戸時代からで、その前までは古代から神木とされていた梶の葉( クワ科の植物 )にお願いごとを書いたそうです。童謡にある、「五色の短冊、私が書いた~♪」の五色は 古代中国の思想である五行説 のあお(緑)、赤、黄、白、黒(紫) のことで、 あお(緑)=「木」、赤=「火」、黄=「土」、白=「金」、黒(紫)=「水」というようにそれぞれの元素を表しているそうです。 七夕についても知らなかったことも多く、二木屋さんが体感させてくれる、季節には季節

7月8日は七夕ろうそく能

明日は七夕ですね。願い事が書かれた短冊が飾ってあるのをみると日本の夏!という感じがします。一日過ぎてしまいますが、8日(日)に浦和にある日本料理店、国登録有形文化財 二木屋 さんにて行われる七夕能へ2年連続で出かける予定にしております。 二木屋さんの建物は 昭和10年建築で、日本の伝統的な年中行事と歳時、和食と室礼、懐かしい和の暮らし方を継承されていらっしゃるところ。 昨年絽の夏着物を着て、初の能鑑賞に出かけた時のお写真にてご紹介します。 40帖ある宮殿と洋間は昭和22年頃の増築とのこと。 和洋折衷な大正モダンなインテリアが素敵です。この宮電が能舞台となり、かなりの近距離でお能を初めて観覧。 お庭いっぱいに並べられた蝋燭が幻想的です。お部屋の中も和ろうそくのみの明かりでお能も演じられるため、風が吹くとゆらめき、ドキッとしますし、お面も立体的にみえ、生きている人間のようにみえてくるから不思議です。谷崎潤一郎が電灯のない時代、 生活と自然とが一体化し、風雅の骨髄を知っていた日本人の芸術的感性 美意識を称えた、「陰翳礼讃」の世界。最高の舞台演出で目の前

本日のお菓子 四国銘菓一六タルト

暑い日がつづいているので、自服はもっぱら氷点てのお抹茶です。先日インスタグラムにも投稿したところ、日本好きな海外の方から”すごい!今年日本に行ったら飲みたい!”とコメントいただきましたが、私も宗幹先生の茶道のお稽古で習うまで、お抹茶は熱いお湯で点てるもの、と思い込んでおりました。甘味処であるのは、甘いパウダーでつくる冷やし抹茶ぐらいで、意外と茶道を習っている方でないと冷水で点てて氷一つ落とす、キリリ&さっぱりとした、糖分加えられていない、この美味しい冷たい口にする機会ないのかもしれません。 そして今日のお菓子は。松山銘菓一六タルトのシリーズ、栗タルト! 私は祖父母の家が愛媛と山口にあったので、夏休みの間は半分ずつそれぞれに滞在して、田舎で夏をのびのび過ごしました。おばあちゃんの家で食べた銘菓、皆さまはお土産でいただいたり、物産展で探し出せないと口にすること少ないと思いますので、少しずつご紹介させて下さい。 松山のお菓子は全国区で有名なものですと、一口サイズで食べやすい、皮のないあんこ玉のような山田屋まんじゅう、坊ちゃん団子でしょうか。 一六タルト

夏に涼しいヘチマの帯枕の作り方

夏の着物は伊達締め1本でも省略したくなるほど暑い時があります。 そんな時に涼しくてありがたいヘチマグッズ。 帯板や帯枕、ウエスト補正用のパットまで。 使ったことがありますか? 私は2013年からヘチマのお手製帯枕を夏に愛用しています。 今回の記事では、涼しくて、自分で好きな長さに調整できるヘチマの帯枕の作り方をご紹介します。 *材料 乾燥したヘチマ(好みの長さより少し長いもの) ハサミ 針と糸 枕を包む布 30センチ幅のガーゼ(お好みで胸の下でらくらく結べる長さ) たこ紐(使わない場合も) *作り方 ① 乾燥したヘチマを好みの帯枕に似た形に整えるために、ヘチマを好みの長さにカットします。ちょうどであればそのまま使います。 ② 両端の中身を各5センチほどハサミを使ってくり抜くきます。 ③ 表裏を自身で決めテーブルなど硬い場所に押して、背中に当たる側を平らにします。 そして、表にする面のトップと真ん中に切れ込みを入れ、写真のように中に折り込み上に丸みを持たせる。 ※この際に、あまりに形が決まらない場合は、タコ糸で縛って矯正してください。 ④形を成型し

Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.