日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ④ ADIHEX

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会出展以外でも、なかなかできないような 面白い経験をたくさんさせていただいていたのにブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している4回目です。 初回、2回目、3回目ははこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 海外展開アブダビ・ドバイ② カスールアルワタン観光 海外展開アブダビ・ドバイ③ルーブルアブダビ観光 私達が今回、日本文化展示会が併設されたのは、アブダビ皇太子主催、 アラブの伝統文化である狩猟・乗馬のADIHEX(オフィシャルサイト)会場。 毎年、王族・政府高官も来場する、11万人の来場がある、アブダビの一大イベント。 私達に目新しかったのは、ご先祖は砂漠の民だったUAE(アラブ首長国連邦)の人々は、 馬、ラクダや狩りのお供だったファルコン(ハヤブサ)をとってもかわいがります。 ファルコンはお札にも描かれていたり、あちこちに飾られているUAE建国の父、 シェイク・ザイ

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ③ ルーブルアブダビ観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会出展以外でも、なかなかできないような 面白い経験をたくさんさせていただいていたのにブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している3回目です。 初回、2回目ははこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 海外展開アブダビ・ドバイ② カスールアルワタン観光 3日目、展示会に出動する前、午前に、 2018年10月に初めてアブダビにきた時には入れなかった、(ホテルのレセプションでオープンしていると聞いていたのに、来てみたら月曜日は定休日だったのです😿。。。) 2017年開館、フランスのルーブル美術館と姉妹館の、 フランス人建築家ジャン・ヌーベル設計の ルーブル・アブダビ美術館(オフィシャルサイト・英語)へ。 ルーブルの海外でのれん貸しなんて初めての巨額なオイルマネーが実現を可能にした ビッグプロジェクトです。 サディヤット島(アラビア語で「幸せの島」の意)に建ってるので周りは海!

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ② カスール・アル・ワタン観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会レポート、なかなかできないような面白い 経験をたくさんさせていただいていたのに、ブログではご報告できていなかったので、 数回に分けてご報告している2回目です。 初回はこちらより 海外展開アブダビ・ドバイ① シェイク・ザイード・グランモスク観光 成田からのアブダビ直行便は深夜過ぎにアブダビ国際空港に着くので、タクシーに乗って 20分ほどでホテルにチェックインすると3時ごろとかになります。 アブダビ初日、展示会開始の前日搬入はお昼からでしたので、仮眠した後、午前元気にどこ か回ってみようかとなりました。 で、何も計画していなかった私たち、行き先が思いつかず。 今回行きたいと思っていた、建設に10年かけ2017年完成した「カスール・アル・ワタン」 に行くことにしました。 「祖国の宮殿」を意味し、大統領・副大統領・アブダビ皇太子の職場。 日本でいう、首相官邸と皇居の合体版ですね。 平和と浄化を意味する白亜の宮殿で、豪華絢爛な内装、美し

日本の伝統美バッグで海外展開。アブダビ・ドバイ① シェイクザイードグランモスク観光

こんにちは。 外出自粛要請期間中の間に、今更なのですが、去年8月末に伺った、 アラブ首長国連邦、アブダビ・ドバイでの展示会レポート、なかなかできないような面白い 経験をたくさんさせていただいていたのに、ブログではご報告できていなかったので、 これを機会に数回に分け、まとめます^^ なかなか行けるところでないので、空き時間に、観光で行ったところについても 今年は海外渡航は難しそうですので、行かせていただけて本当に幸運だったな~と思いま す。初日、展示会会場へ搬入完了後。 UAE建国の父、ザイード・ビン・スルタン・アル・ナヒヤン(1918~2004没)が建設を指 示した、豪華絢爛なモスク、シェイク・ザイード・グランモスクを一年ぶりに訪ねました。 シェイクは完成をみることなく亡くなり、ここでの最初の式典は彼の葬儀だったそうです。 そして今、彼が眠るところとなっており、彼の墓前では24時間コーランの祈りがずっと捧げ られているそうです。 (UAEの人々は、強いリーダーシップで国をまとめたシェイクを心の底から尊敬していて、 空港・ホテルのロビー、至る所で彼

海外向け和物ギフトとしても。扇子「新型コロナウィルス終息祈願アマビエ扇子」発売

こんにちは、愛子です。 連日、新型コロナウィルス感染症の蔓延状況がニュースで伝えられている中、 疫病退散を祈願する、アマビエ扇子を、昨年アブダビの日本文化展示会にてご一緒しまし た、京都の老舗京扇子メーカーの大西京扇子堂さんから数量限定で発売されることになったそうです! 葛飾北斎の浪裏に軽やかにサーフィンをする アマビエ を組み合わせた、POPなデザイン! パンデミックの世界的危機(荒波)を乗り越えて、一刻も早終息するように願われての企画さ れたとのこと。 粋でいて、かわいいですよね♡ アマビエ、って皆さんはご存知でしたか? 私も、今まで知らなかったのですが、 疫病を退散してくれる、半人半魚の妖怪らしいのです! 子供が描いたようなシンプルなフォルムがかわいらしい。 京都大学所蔵の、アマビエ目撃を伝える、江戸時代後期の木版画。 原典たるアマビエの予言は「(これから先、)豊作が続くが疫病も流行する。私の姿を絵に写して人々に見せるべし。」と言って、現れるとか。 厚生労働省に、外出自粛呼びかけキャラクターにも 厚生労働省の、外出自粛呼びかけキャラクターに

海外在住の方へのギフトにもぴったり。日本の伝統美ジュエリー「ひらがな」 

こんにちは、愛子です。 wabinalのお仕事を初めてとてもよかったなと思えることの一つは 素敵な人々のご縁をたくさんいただけることです♡ 一つはお客様と。私たちは本当に女神さまみたいなキラキラした素敵お客様との 出会いにびっくりするほど恵まれているのです。 そしてもう一つは、ブランドオーナーや、アーティストとの出会い。 海外での展示会出展を通しても、伝統文化を世界に拡げたいという同士とも思えるような 人々達との出会いは、前向きでパワフルな方も多く たくさんの刺激をもらいます。 國廣 沙織さんは共通の知人を通してご紹介いただいた、書家でアーティスト。 幼少より、丸みおびた柔らかいひらがなの美しさに魅せらせ、 ひらがなにフォーカスした作品づくりをされているのですが、ジュエリーブランドも展開3 年目で、取り扱い店舗はベラビスタスパ&マリーナ尾道)等、国内のホテルや 国立新美術館ミュージアムショップのみならず、 香港、台湾、NYなど世界中で展開中なのです。 ひらがなって、万葉文化といいますか、女性的で優美な世界観ありますよね。 百人一首や和歌の世界も好

自分にもギフトにも。サステナブル ヨガウェアブランドYoq

こんにちは、愛子です。 ”私も海もキレイにするウェア”って素敵な響きでないですか。 こちら、私達と同じ2018年に誕生したサステナブルブランド、ヨガウェアYoqのコンセプトなのです。 ファウンダーは、私の通うヨガスタジオのヨガの先生の、KUMIKOさんという素敵女性。 偶然にも、彼女は元Diorで香水の商品開発のお仕事をされていたので、Diorに勤める私の代の仲良しの元同僚でもあります。 アメリカで育ち、Dior在籍時にフランス語を学び、お仕事でも使えるようになって、 ヨガの先生としてだけではなく、 シニアティーチャーが海外から来日する時には通訳としてもご活躍されている才女✨ そして、サルサダンスもサーフィンもこなす、まさに自分に壁をつくらず輝いていく女性。 彼女は元々ブランドを立ち上げようと思っていたわけではなくて、 ECONYL® という、海洋プラスティックごみから作られる素材に出会い、 使用したヨガウェアはまだ日本で作られていないことを知り、「それじゃあ、私がやらねば」と立ち上がったそう! *世界に先駆け20年以上前から環境配慮型ファッショ

海外在住日本人女性に着てほしい、京都発オートクチュールKIMONOドレス

こんばんは。愛子です。 昨年アブダビ、シンガポールの展示会へご一緒し、私たちのインスタグラム中でもご紹介している、京都発のアップサイクル着物プロジェクト季縁KIENさんの着物ドレス、 実は2月23日の東京での展示会で、私もようやくオーダーすることができ、 本日手元に届いたのです~♡♡♡ ドレッシーなシェイプですよね~♡♡♡ 綺麗な桐の箱に入って届きました✨ 季縁のブランドオーナー淑恵さんは、陶器に絵付けをするポーセラーツの人気講師でもあり、ミルフィオリと呼ばれる、ベネチアガラスのビーズで食器をつくるご自身であみだした独自の技法を教えてもいらっしゃる多才な方。 京都で生まれ、小さいころから上質な本物に囲まれて育ち、着物づくりに携わる職人さん達の、シャネルやディオールにも劣らない優れた日本の伝統工芸品を制作する技術がどんどん失われていくのを目の当たりにされ、 一つの着物をつくるのに30人以上の方がお仕事携わっていたりする着物づくりは、時代の流れで、もう染め、織り、解き、洗い張り、特殊な技術を持つ人があと一人とかずつで、これからたくさん製造していくよう

Visited KIMONO OBI belt fabric maker, ”SHIKO”

【京都訪問①】西陣の織元「紫紘」様を訪問させていただきました。 明治時代にフランスからジャガード織りを取り入れ、画期的な発展を遂げた西陣織。 「紫紘」さんは、西陣織の技術を後世に伝えようと、現在は五島美術館とフランスのギメ美術館に収められている「源氏物語絵巻」を制作し、105歳でお亡くなりになるまでその優れた表現力と技術力で高い評価をうけた山口伊太郎さんが創設された帯織元。西陣で作り得た傑作を、フランスに納め戻したというのは素敵なストーリー。 お孫さんでいらっしゃる野中様に、手織りの機織りの工房、美しい帯たちをみせていただきながら製法についてご教授いただきました。 早くにデジタル化に取り組まれ、ご高齢の職人さん達も図面をPCでデジット表現されている姿、とってもかっこよかったです。 そして、職人さん達の気の遠くなる作業量。。。一部3Dにみえるような帯もあり、表現の限界まで好奇心持って新しいことに挑みつづける京都人の革新的さ、極限の美を求める意識の高さ、仕事の質の高さ、職人さん達が紡いでいく美しさ、たくさんの方に届けたいものです。 ・ #japane

Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.