「私にいいが世界にいいとつながる」世界に拡げたい、エシカルな日本の伝統美バッグ。

こんばんは。 外出自粛期間中、読書や映画鑑賞の時間を得られた方も多いと思いますが、 本日は興味深かった本をご紹介します。 TBSテレビの人気番組「世界ふしぎ発見」でミステリーハンターを務めた、末吉里花さんが著された、『はじめてのエシカル』。 帯のコピーは「私にいい」が「世界にいい」とつながる。 エシカル(Ethical)とは、もともと「倫理的な」「道徳的な」という意味。 言い換えると、「私たちの良心と結びついて、人や社会、環境に配慮されている」ということと述べられています。 現代の、私たちの生活を見直させてくれる気づきもたくさんあり、お薦めしたい一冊です。 日本の伝統文化を現在に引き継ぐ、エシカルな ヴィンテージ帯生地をリモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜 www.wabinal.com/shop 日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、 海外の方へのギフトにも最適ですが、 海外に行かれる機会ある日本人女性にも、ぜひお持ちいただきたいです🗾✨ #海外#日本文化を世界に#海外#ギフト#

「生木に花咲くに驚く」日本の伝統美バッグにも花デザイン。

こんばんは。 今日も、気持ちのいいお天気で、お散歩日和でしたね✨ 「枯れ木に花咲くに驚くより 、生木に花咲くに驚け」 これは江戸時代の哲学者、医者である三浦梅園(ウィキペディア)が残した言葉。 日々をなんとなく過ごしてしまっていると、生きた木に花が咲くことは当たり前としか見ることができません。 けれども、その当たり前は当たり前ではないんですよね。 花だけではなく。 私たちが過ごしている今日この一日の生活も、命も、決して当たり前ではないと、 こういう有事には気がつかされますね。 春の散歩道で、奇跡の命の息吹、たくさん見つけました。 季節の花や植物を愛でる、私たち日本人の素敵な習慣は帯や着物デザインでもたくさん見受けることができるので、日本の伝統美を現在に引き継ぐヴィンテージバッグにも受け継がれています。 日本の伝統文化を現在に引き継ぐ、 ヴィンテージ帯生地をリモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜 www.wabinal.com/shop 日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、 海外の方へ

「江戸のファッション流行は歌舞伎から」海外にも拡げたい、日本の伝統的サステナブルなバッグ。

こんばんは。 日本の伝統文化を今の私たちが取り入れて引き継いでいける形を模索したく、 今日は江戸時代のファッショントレンドについてみていきたいと思います。 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代。 戦争のない平和な時代がこんなに続いたことは世界でも例がないそう✨ 全国の人口は安定して3,000万人ほどで、江戸の人口は約100-125万人と推定されていて、 当時、世界最大の都市。当時ロンドンの人口が約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)。 ➡ 江戸のファッションの楽しみ方についての過去記事 ➡ 江戸時代のリサイクル業者についての過去記事 当時のファッションの流行、着物の柄、着こなし、色などは歌舞伎役者や遊女から。 役者が好んで使った色が庶民の流行色となったそうです。 例えば、団十郎茶は初代市川団十郎が使った渋柿で染めた茶色です。 団十郎茶 また、江戸紫は歌舞伎の演目「助六」(ウィキペディア”助六”)の鉢巻の色から来ています。主役の助六は江戸っ子が憧れる人物像だったそうです。 江戸紫 今見ても、粋で綺麗な色味

「江戸のファッションの楽しみ方」海外にも拡げたい、日本の伝統美バッグ。

こんにちは。 本日は江戸時代のファッションについてみていきたいと思います。 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代。 戦争のない平和な時代がこんなに続いたことは世界でも例がないそう✨ 全国の人口は安定して3,000万人ほどで、江戸の人口は約100-125万人と推定されていて、 当時、世界最大の都市。当時ロンドンの人口が約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)。 現在の帯幅は約29~30㎝ほどが一般的ですが、 元禄時代以前、庶民が使っていた帯は約5寸(15㎝)幅で模様もそんなになくてシンプル。結び方も単純で、帯で遊ぶことができない分、着物は柄物で派手なものが多かったそう。 18世紀に、8代将軍・吉宗が享保の改革を推し進めて贅沢を禁止する様々な法令が発令されると、女性のファッションにも大きな影響があり、華やかな色や柄の着物は廃れ、代わりに、花色(や淡い藍色)や鳶(鳶)色(茶色)などの地味な色が流行したそうです。 裕福な町人は、見えないところにあえてお金をかけるようになり、表は質素な木綿でも裏地は派手な模様の着物や

「江戸のボランティア」海外にも拡げたい、日本の伝統的サステナブルな文化。

こんにちは。 日本の伝統文化を今の私たちが取り入れて引き継いでいける形を模索したく、 今日は江戸時代の循環型社会をみてみる 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代。 戦争のない平和な時代がこんなに続いたことは世界でも例がないそう✨ 全国の人口は安定して3,000万人ほどで、江戸の人口は約100-125万人と推定されていて、 当時、世界最大の都市。当時ロンドンの人口が約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)。 ➡ 江戸時代のリサイクル業者についての過去記事はこちらから 行政のトップは時代劇やドラマでよくみる町奉行。その下に奉行所の役人は300〜350人足らずだったそうです。 行政の実務の中心になっていたのが、驚いたことに、武士ではなく町人階級の中から選ばれた「町年寄」「町名主」「大家」という3役。 道路の保守管理や防犯、防火、紛争の調停などの仕事を担っていて、最高位は 「町年寄」で、町奉行所から出された布令を受け取り、町人に伝達する役割をおっていたそうです。有力町人である「奈良屋」、「樽屋」、「喜多村」の三家が

「江戸の長屋」日本の伝統的サステナブルな文化バッグにも取り入れたい。

こんにちは。 日本の伝統文化を今の私たちが取り入れて引き継いでいける形を模索したく、 今日は江戸時代の循環型社会について書いています。 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代。 戦争のない平和な時代がこんなに続いたことは世界でも例がないそう✨ すごい誇らしい話ですよね。 全国の人口は安定して3000万人ほどで、江戸の人口は約100-125万人と推定されていて、 当時、世界最大の都市。当時ロンドンの人口が約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)。 ➡ 江戸時代のリサイクル業者についての過去記事はこちらから 江戸時代の「長屋」は現代の集合住宅。 細長い建物に複数の世帯が入居して、井戸、トイレ、ゴミ捨て場などを共有していたそうです。 隣人同士の間では、密なコミュニケーションが築かれており、庶民たちは貧しかったこともあり、生活必需品の貸し借りをするなど支えあっていたようです。 最近では、若者を中心にシェアハウスの利用者も増加しますね。 私の友人も何人か利用していますが、キッチンやキッチンツールを共有し、掃除などの家事

「厄除け文様、菊紋、六瓢箪」海外にも拡げたいサステナブルな日本の伝統美バッグにも用いたい。

昨日は、新型コロナウィルス感染症の早い収束を願って、着物や帯の文様で、 疫病退散の意味を持つ文様、鱗(うろこ)文様をご紹介しましたが ➡ 厄除け文様鱗紋(うろこもん)過去記事 ➡ 知り合いの扇子屋さんのところで、”アマビエ扇子”発売に関し、てかいた過去記事 他にも、疫病退散の意味合いを持つ文様があります。 六つの瓢箪柄、六瓢箪、 『むびょうたん=むびょう=無病』の意味を持つ、縁起文様。 もう一つは、日本人に最も親しまれている柄の一つ、菊花文様です。 放射状に広がる花弁から太陽にもなぞられ、皆さんご存知のように、十六葉八重表菊は天皇および皇室を表す紋章でもありますが、 百花でも最高ランクに位置づけられる菊紋は、 不老不死、延命長寿、無病息災、邪気払いの意味合いがあります。 無病息災の意味合いも持つ菊花柄の帯の伝統美を、ぜひ母の日に贈ってみてはいかがでしょうか。 ヴィンテージ帯生地を リモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜 www.wabinal.com/shop 日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッショ

「厄除け文様鱗紋」海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統美。バッグにも用いたい。

新型コロナウィルスの早い収束を願って、疫病退散の妖怪(神様?)のアマビエグッズが人気、話題のようですが、 ➡ 知り合いの扇子屋さんのところで、”アマビエ扇子”発売に関してかいた過去記事 着物や帯の文様でも、疫病退散の意味合いをもつものがあります。 鱗(うろこ)文様です。 正三角形や二等辺三角形を重ねて、地と文様とがジグザクに入れ替わり構成されたとてもシンプルな文様。 鎌倉時代に、魚類や蛇の鱗に見立て、鱗文という名がついたとされ、呪い・魔除けの力を持つとして、武具や戦陣衣装、そして紋章にも用いられたそうです。 室町時代になると、衣装の文様に使われ、武家の陣羽織や能装束に用いられ、 特に、能や歌舞伎では女の執念を象徴する図柄として、鬼女や蛇の化身の衣装に使われました。 江戸時代に入ると、鱗文様は蛇や蝶をイメージさせ、脱皮して厄を落とし再生するという意味もあり、厄除けの文様とされました。 鱗で身を守るとか、固めるとの縁起に因み、女性の厄除け、魔除けの図柄として鱗文様の長襦袢を身に付けることもあります。 あいにく、現在、鱗文様のバッグはないのですが、いろ

「江戸の美意識」海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。伝統美バッグを現代に。

本日は、1603年から大政奉還の1867年までの265年間の江戸時代に江戸に暮らした人々の美意識について少し。 当時、今でいうインフルエンサー、流行の発信源となっていたのは役者や吉原の遊女たちで、彼らは浮世絵の題材としても度々登場しています。 伝統を重んじる上方と比較すると、江戸では明快であっさりとした意匠が好まれていたそうです。 小紋や縞(しま)、江戸紫などがその典型です。 ”粋”の文化ですね。 これら江戸文化含め、職人たちの高い技術によって伝えられてきた着物屋帯の伝統美を、 現代でもぜひ使っていただきたいと思っています。 ヴィンテージ帯生地を リモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜 www.wabinal.com/shop 日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、 海外の方へのギフトにも最適ですが、 海外に行かれる機会ある日本人女性にも、ぜひお持ちいただきたいです🗾✨ 母の日のギフトへのぜひ♡ サステナブルなバッグであった、風呂敷についての過去記事はこちらから。 ➡ 日本発のバッグ

「江戸時代のエネルギー」海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。伝統美バッグは現代に。

こんばんは。日本の伝統文化を今の私たちが取り入れて、引き継いでいける形を模索したく、本日はエネルギーについて少し。 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代の日本は鎖国していたため、 食料も、生活用品もエネルギーも、ほとんどが国内生産。その中で、重要な役割を果たしたのが植物。 太陽エネルギーに基づくもの。 太陽の恵みによって成長する「わら」や「竹」などの植物を原料に、大変な時間と労力をかけて、衣類や様々な生活道具を作りました。 ➡ 柳、藤、竹で作られた行李についての過去記事 当然生産量は少なく、紙一枚、ろうそく一本が非常に貴重でした。人々は、物を徹底的に大切にし、壊れても修理して使いました。 エンターテイメントの世界でも、当時大流行だった歌舞伎は外光を用いて、朝方に始まり、夕方には終わったそうです。 ➡「海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。リサイクル業者」の過去記事 素晴らしい循環型社会システム、資源を大事にする自然に対する敬意の心と、システムと、両軸で私たち日本人から、取り戻していきたいですね。 帯も、現代でもぜ

海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。江戸時代のリサイクル業者。伝統美バッグは現代に。

こんばんは。日本の伝統文化を今の私たちが取り入れて引き継いでいける形を模索したく、 今日は江戸時代の循環型社会について。 1603年から大政奉還の1867年までの265年間を江戸時代。 戦争のない平和な時代がこんなに続いたことは世界でも例がないそう✨ すごい誇らしい話ですよね。 全国の人口は安定して3000万人ほどで、江戸の人口は約100-125万人と推定されていて、 当時、世界最大の都市。当時ロンドンの人口が約86万人(1801年)、パリが約67万人(1802年)。 美を護るため(ゴミをなくす)に実在したリサイクル業者は、こんなにあったそうです。 ●紙屑買い 不要になった帳簿などの製紙品を買い取り、仕分けをし、漉き返す業者に販売していました。 当時の和紙は、10mm以上の長い植物繊維でできていたので、漉き返しがしやすく、各種の古紙を集めてブレンドし、ちり紙から印刷用紙まで、さまざまな再生紙に漉き返す業者。 祖父母の家が愛媛県で、伊予和紙の製造工程見学をしたことがあります。 とても清々しく、なんだか美しい光景でした。どこの和紙の産地もそうだと思う

海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。着物とバッグ。

こんばんは。 地球の気候変動やグレタさんのような若い環境活動家のおかげで、 今までの消費一方のスタイルから、見直しされることも多いですが、元々日本は、特に200年以上続いた平和な町、江戸は循環型社会でした。 ファッションは、作られるものの80%が廃棄され、産業廃棄物排出第2位の産業ですが、 日本のファッションスタイル、着物は元々はとてもエコでした。 反物を購入し、採寸して自分にぴったりサイズのオートクチュール服としてつくられた後、 着なくなったら、 ●解いて(京都に今はほどき師さんってほどく専門の方があと数名、いらっしゃるそう) 反物の状態に戻して、 ●洗い張りって呼ばれる、染み抜きや洗浄をして ●娘や、孫のサイズで仕立てなおし 体格差がひどくなければ、引き継いでいけました。 私達の母くらいの代までは和裁も学校で習い、家で仕立てなおせていて、絹や麻、木綿、天然素材でつくられた上質な着物、大事に着続けれていたのです。 そういった、人の手による手間暇も愛着わきますし、本来、魔除け的な意味合いのあった服として、加護の力もなんだか強そうですよね。 帯も、

日本のバッグの歴史、行李。プラスチックでない、海外にもひろめたい籠収納文化。

日本でのバッグの歴史について今日も少し、みてみたいと思います。 風呂敷については、以前に書きましたが、 ➡ 日本発のバッグ。海外にも伝えたい伝統文化、サステナブルな風呂敷包みの記事。 風呂敷と同様に、日本で伝統的にバッグとして用いられてきたのは籠製品です。 712年の「古事記」に新羅王子とされる天日槍命(アメノヒボコ)によって、柳細工の技術が伝えられたと書かれているそう。すごいですね、神話の世界から神様から引き継がれた技術って。✨ 奈良時代、兵庫県豊岡でつくられた「柳筥(やないばこ)」と呼ばれる正倉院に上納されているそうです。 行李とは:竹、柳、藤などを編んでつくられた葛籠(つづらかご)のこと。 一般的には長方形型でかぶせ蓋があり、衣料や文書、穀物などの食料をいれる道具。 旅行用の荷物入れにも使われ、旅行バッグにもなったようです。 柳行李 とは:こりやなぎを編んだもの。 こりやなぎが多く自生していたゆえに、江戸時代に富岡藩の独占取扱品となり、柳行李の生産が盛んになったようです。 こうして、富岡は日本のバッグ生産シェアを大きくしめる、バッグの町とな

源氏物語塗り絵で。日本伝統文化学ぶ。(光源氏って、バッグ持っていなさそうですね。。。) 

おうち時間に、伝統文化に関する知識もつけられて、没頭作業ですっきりもできる 一石二鳥な塗り絵、歌舞伎塗り絵に続き、源氏物語塗り絵を見つけたのでご紹介です。 ➡ 歌舞伎塗り絵のご紹介記事 「大人の教養ぬり絵&なぞり描き 源氏物語」 以下オフィシャルサイトより引用。 本書は、遊びながら源氏物語を学び直せる、大人のための教養ぬり絵。 今回題材となっているのは、平安時代中期に紫式部によって書かれた平安時代中期の長編物語。古来からの季節の祭事にふれ、日本の文化を再発見し、楽しくなぞって塗っていくだけで、装束への興味や教養も身についてしまう! 何倍もお得な塗り絵アートブックである。 源氏物語に登場する、たくさんの光り輝く女性さん達の衣装の色付け、時代を超えて没頭できる素敵なクリエイティブな時間ですね。 現代でも和柄が楽しめる、 日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、 海外の方へのギフトにも最適ですが、 海外に行かれる機会ある日本人女性にも、ぜひお持ちいただきたいです🗾✨ 新型コロナウィルス感染症、パンデミックが収束した際に、お出かけする準

歌舞伎塗り絵で。日本伝統文化学ぶ。(役者さんのバッグは風呂敷だったのかな。。。?) 

おうち時間に、伝統文化に関する知識もつけられて、没頭作業ですっきりもできる 一石二鳥な塗り絵を見つけたのでご紹介です。 「大人の教養ぬり絵&なぞり描き 歌舞伎」 以下オフィシャルサイトより引用。 「ぬり絵&なぞり描き」は下絵をなぞって、色を塗ってと二倍楽しめる大人のアートブック。日本人ならば誰もが一度は目にしたことがある日本の伝統芸能「歌舞伎」をテーマに、華やかな世界観をなぞり描きと塗り絵で再現する。 歌舞伎に登場する着物や和柄はカラフルな塗り絵にもピッタリ。助六や藤娘、巴御前、義経千本桜などお馴染みのキャラクターや演目も登場し、歌舞伎好きなら見ているだけでも心が躍る内容だ。 そして、伝統芸能は敷居が高い、難しそうと思っている人でも歌舞伎の世界を堪能できるよう、線画の横には登場人物の解説を追加。演目の成り立ちや歴史、人物の特徴、かつらや衣裳のデザインの由来も掲載し、初心者でもわかりやすく歌舞伎のことを学べる内容を目指した。 大人の教養ぬり絵&なぞり描き 歌舞伎〈大人の教養シリーズ〉 Amazon(アマゾン) 1,540〜5,230円 歌舞伎役者さ

Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.