• aiko

お茶目さについて

突然ですが、今日は私が最近気になっていた昔の日本人が持っていた気質についての考察についてつらつらと書かせていただきます。


外資のマーケティングチームに所属していた時のこと、会議でレビューやプランを発表する際に、迂闊に思い込みや推測でざっくりと話をすすめようとすると「それは推測でないのか?エビデンス(実証データ)はあるのか?」とすぐに厳しい突っ込みを方々からうけるので、プレゼンやレポート、プラン提出に際してはエビデンス、エビデンスと下調べし、手元に膨大なバッグデータを控えて臨んだものでした。 学者さん達の論文と同じですね。

そんな論理的思考推奨派の中で純粋培養され、消費者を裏切ることのない透明性の大事さ、虚偽の情報であると追求を受けないためのリスクヘッジについてもがっつりと教育を受けた私、プレイべートでは冗談は当然いっぱいいいますが、気が付けば仕事にかかわることでいいかげんなことは言えない、間違いやあいまい表現にも目ざとい校正も大得意な人になりました。が、最近、自分の仕事にかかわることなのにちゃらんぽらんなことを言う友人を前にして、この大らかさはどこからくるものなんだろうととても気になりました。

なぜなら、私の祖母の一人も、年は平気で若く大嘘を言ってペロッと舌を出したりするかわいらしい人だったのですが、武田鉄矢さんや黒柳徹子さんもそれぞれお母様が面白い人で新聞やテレビの取材が来ると「本当は旦那さんはピンピンしているのに、フィリピンで戦死した」とか「ハリウッド映画に出た」とか笑いがとれるならいいのよ、って嘘を平気をいう面白い人でしたと言ってらっしゃるのをみて、その大物感や事実はどうであれ笑い至上主義みたいな価値観が昔の日本人の中には自然にあったのかなとずっと気になっていたかからです。


祖母のそういった一面を言葉に表すとすると、多分、"お茶目"、"茶目っ気"。言われてみると、どうして”茶”がついているのか益々気になり、、、語源を調べてみましたが(レポートでなくブログなので、データ元の参照、割愛させていただきますね 笑)

『広辞苑』 や 『大辞林』 国語辞典を調べてもお茶目の語源については載っていなくて 「茶」 の項目には“いいかげんなことを言うこと” “からかうこと” “ひやかすこと” の意味が載っています。「茶化す」 「茶々を入れる」 「茶番劇」 などもここからきているようです。 『大辞林』 には「茶る」 という動詞も載っていて“ふざける” “おどける” という意味だそう。

「お茶目」の由来は諸説があるようで、さきほどのいいかげんなことを言うことの意味の「茶」に「め」は「めかす」の略、(漢字「目」は当て字)がついた説。「めかす」は名詞や形容動詞の語幹に付いて、そのように見せかける、それらしく振る舞う。

もう一つは、漢字すべて当て字説。「おちゃめ」の「お」は丁寧語。「ちゃめ」は「ちゃりめ」の略であり、「ちゃり」には「おどけた、ふざけた」の意味があり、「め」は「女」とのこと。 「ちゃり(茶利)」は、動詞「ちゃる(茶)」の連用形で意味は、滑稽な文句や身振り。おどけること。人形浄瑠璃における、笑劇的な滑稽な演技・演出のこともいうそう。 歌舞伎の滑稽な場面は「ちゃりば」と言われるそうで、おどけた声のことを「ちゃりごえ」、もみあげのことは「ふざけた毛」の意味で「ちゃりげ」と言ったりするとか。 で、「おちゃめ=ちゃりめ」「おどけた女」の意味となるのだそうです。

つまり、「ちゃめ」 とは“茶る女” → “ふざけたり、おどけたりする女性” ということになります。


語源調べてもはっきりするわけではありませんでしたが、飲み物の意味以外の「茶」の、おどけるという意味、両方ともほっと一息いれ、リラックスさせるという広義なところで同じ気がします。また、人形浄瑠璃や歌舞伎の用語にもたくさん残っていて、もっと人間くささがあった、以前の日本人は今よりもユーモアを楽しめるセンスをやはり持っていたような気がしますね。

今年2月に伊勢志摩の海女さんとお話した際、6歳から海女をはじめ、毎年3月のワカメ漁からスタートし、12月25日までどんなに冷たい海の中でも潜る過酷な生活をしていらっしゃるのに、素晴らしく明るい笑顔で、笑わないとやっていけないもの~と本当に大声で明るく話されていたのを思い出しますが、昔の方が生き残ることと言いますか、生活は大変だったと

思うので尚更、人生の知恵といいますか、笑いの大切さを悟っていたのかもしれませんが。。。


武田鉄矢さんや黒柳徹子さんのお母様の話、メディアに大嘘言うって、今の時代だと笑いですまされずひどい場合にはバッシングとか受けそうですよね、世知がない世になった気がします。。

皆、一服してちょっと大らかさといいますか、ゆるさ、取り戻さないときっちりきっちりしてるとパンクしちゃう気がするのです。


ということで、私たちwabinal女子ができること、いい加減ではなく 笑、少しおどけた茶目っ気さを大切に、お茶会でゆるっとする時間提供するのは大事なことだ、と意気込みを強くしました。




私たちが主催します茶会は次回28日。バグパイプ演奏と香席をハイティーと楽しむユニークなイベントはこちらより応募可能です。ご一緒に少しおどけて夏の夜を過ごしましょう。笑

◆「wanobi茶会―真夏の夜の夢ー」

チケット予約→ https://www.wabinal.com/wanobi-tea-party

Facebookイベントページ→ https://www.facebook.com/events/2019483701701947/

#Japanese #traditional #lovejapan #teaceremony #teaparty #Kimono #fashion #着物 茶道 #お茶会 #お茶 #和文化 #語源 #ユーモア


Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.