• aiko

日本の神話:イベントプロデュースの神様

毎日暑いので、意識をとおーくに向け、今日は突然ですが神話の世界の話です。

随分前ですが、私は神社仏閣や神話、歴史が好きなので日本の神様について学ぼうと「日本の神様がよくわかる本」というわかりやすい神様攻略本を読みました。その中でひときわ興味を持った神様がいて、その方のお名前はフリガナがないと絶対に読めませんが、八意思兼命(ヤゴコロオモイカネノミコト) 。


この神様は日本の神様の中でも珍しくて、例えば、太陽とか、月とか目に見えて存在するものの神様ではなくて、知恵の神様。そして現代でいうとイベントプロデューサーとあったので、マーケティングの仕事をしていてプロモーションイベントに携わることも多かったのでとても興味をおぼえたのです。


彼は天岩戸の有名なお話、太陽神アマテラスオオミカミが岩戸に隠れてしまい、八百万(やおよろず)(大勢)の神々が天安河原(あまのやすかわら)で会議した際、 知恵をだして下記のことを準備させ、最後に、儀式を行うために巫女の天宇受売命(アメノウズメノミコト)を招聘し、儀式を実行した神様です。

  1. 長鳴鳥(ながなきどり)をできるだけ多く集めて、間断なく鳴かせた

  2. 鍛冶神の天津麻羅(アマツマラ)に命じて天安河(あめのやすかわ)の岩から鉄鉱石を採掘させた

  3. 採掘した鉄鉱石から、伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)に命じて鏡をつくらせた

  4. 玉祖命(タマノオヤノミコト)に命じてたくさんの勾玉、八尺瓊勾珠(やさかにのまがたま)をつないだ五百津之御統之珠(いおつのみすまるのたま)という首飾りをつくらせた

  5. 天児屋命(アメノコヤネノミコト)と布刀玉命(フトダマノミコト)に命じ、天香山の牡鹿の肩の骨を焼いて占いをさせ、一連の儀式を行うのに最もよい日取りを決めた

江戸時代の国学者 本居宣長は、「古事記伝」で、思金(思兼)という語について「数多(あまた)人の思慮(おもんぱか)る智を一(ちをひとつ)の心に兼持てる(かねもてる)意なり」と解釈しているそうです。

大勢の人がもつような思慮や知恵を、たったひとりの身に兼ね備えているという意味。

それゆえ、現在では知恵・学問、受験の際の合格祈願の神、工匠(こうしょう)の神として信仰されているそうなので、イベント企画・運営の仕事に携わっていく者としてはそのご利益をぜひとも頂戴したく、祭られています戸隠神社、地主神社、秩父神社にもまた出向いてお参りしたいなと思います。


全国に天岩戸があった伝説の地はありますが、その一つ、2012年に宮崎県高千穂の天岩戸神社を訪ねた際の写真です。



八百万の神々が会議した天安河原(あまのやすかわら)

神聖な空気が流れていると感じる高千穂狭。見た目にも清涼感いっぱいですね

八意思兼命様、たまに失敗もされているところがまた親近感を覚えるのですが、またさらに策をだせる知恵の泉のような方、ご加護をいただくこと願いつつ、間もなく夏の夜にバグパイプ演奏と香席をハイティーと楽しむユニークなお茶会イベントを主催します。

下記より申込可能です。ご一緒に夢のような時間を過ごしませんか?


◆「wanobi茶会―真夏の夜の夢ー」

チケット予約→ https://www.wabinal.com/wanobi-tea-party

Facebookイベントページ→ https://www.facebook.com/events/2019483701701947/


#Japanese #traditional #lovejapan #play #live #teaparty #teaceremony #history #myth #Kimono #fashion #着物 #着物女子 #和装 # #和文化 #イベント #ライブ #神話 #天岩戸 #イベントプロデュースの神様


WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.