• aiko

日本発のバッグ。海外にも伝えたい、伝統文化、サステナブルな風呂敷包み。

日本でのバッグの歴史を探ってみたいと思います。


日本でバッグ代わりに使われていたものは、「ツツミ」と呼ばれる大切なものを収納する布で、奈良時代の正倉院御物として舞楽装束を包んだ布が現存しているそうです。


平安時代には「古路毛都々美(ころもつつみ)」と呼ばれ、衣裳などを包んだそうです。


南北朝時代にはこういった包み布を「平包・平裹(ひらつつみ)」と呼んでいましたが、


室町時代以降になると、時の将軍足利義満は、京都に建てた屋敷に大湯殿を設けて全国の大名たちをもてなし、その際、大名達は脱いだ着物を取り違えないよう、それぞれ自分の家紋の入った帛紗(ふくさ・絹の風呂敷のこと)に包み、湯上がりにはこの帛紗の上で身づくろいをしたと伝えられています。風呂で使われたので『風呂敷』という名前になったのですね。


江戸時代に入って銭湯へ通うことが庶民の間で一般的になると、着替えの着物や湯道具を風呂敷に包んで銭湯へ通っていましたが、風呂敷の呼び名は「平包」、「ふろしき包み」、「ふくさ」など、素材の違いによって色々で定まってはいなかったようです。


元禄時代になり、商業が発展すると風呂敷は商いに欠かせない道具となり、富山の薬売りをはじめとする行商人たちの必需品となりました。

呉服屋は反物を包み、道具屋は様々な道具を、古本屋は本を包んだ風呂敷を背負って商売に出歩きました。屋号を記した風呂敷を担いで、町を歩いたため宣伝にもなったようです。

現代のブランドの紙バッグと同じですね。


お伊勢参りや日光詣といった「旅行」が流行ったのもちょうどこの時代。

風呂敷は旅行かばんとしても広く使われ、浮世絵や絵図の風景にも風呂敷包みを担いだ庶民が街道を行き交う姿が多く見られます。

描かれている人々は十人十色様々に、風呂敷の使い方をしています。

小脇に抱える人、背中にしょっている人、腰に巻きつけたり、頭の上に載せる人、担いだ棒の前とうしろに風呂敷包みをぶら下げて歩く姿も。みんなそれぞれ自分の荷物にあわせて風呂敷を上手に使いこなしていたのですね。


2005年に、環境分野で初のノーベル平和賞を受賞したケニア人女性、ワンガリ・マータイさんが来日の際に「もったいない」という言葉に感銘し、世界共通語「MOTTAINAI」(キャンペーンサイト)として広めることを提唱してくださり、エコバッグの先駆けともいえる、風呂敷文化も新たに見直される機会となりました。


日本が持っている自然と共生するエコフレンドリー文化、今の時代だからこそ、取り戻して、持続可能な社会の実現に向け、日本人から世界をリードしていきたいですね。


日本の伝統美を、現代のファッションや海外でも持てるよう、スタイリッシュに

リモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜


日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、

海外の方へのギフトにも最適ですが、

海外に行かれる機会ある日本人女性にも、ぜひお持ちいただきたいです🗾✨


www.wabinal.com/shop


#アクセサリー#海外#日本文化を世界に#海外#ギフト#プレゼント#サステナブル#日本#メイドインジャパン#クラッチ#ワビナル #バッグ #帯 #どこででも誇り輝く #風呂敷 #エコシステム

#wabinal#japanese#Japan#fashion#bag#gift#madeinjapan#jewelry #artcraft #ecosystem #heritage #SDGC


WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.