• aiko

「江戸の美意識」海外にもひろめたいサステナブルな日本の伝統文化。伝統美バッグを現代に。

最終更新: 5月11日

本日は、1603年から大政奉還の1867年までの265年間の江戸時代に江戸に暮らした人々の美意識について少し。


当時、今でいうインフルエンサー、流行の発信源となっていたのは役者や吉原の遊女たちで、彼らは浮世絵の題材としても度々登場しています。



伝統を重んじる上方と比較すると、江戸では明快であっさりとした意匠が好まれていたそうです。

小紋や縞(しま)、江戸紫などがその典型です。


”粋”の文化ですね。



これら江戸文化含め、職人たちの高い技術によって伝えられてきた着物屋帯の伝統美を、

現代でもぜひ使っていただきたいと思っています。


ヴィンテージ帯生地を

リモデルしたwabinalのクラッチバッグはこちらからチェックしてみて下さいね👜


www.wabinal.com/shop

日本が世界に誇れる伝統工芸品のリファッションしたバッグ、

海外の方へのギフトにも最適ですが、

海外に行かれる機会ある日本人女性にも、ぜひお持ちいただきたいです🗾✨


母の日のギフトへのぜひ♡



サステナブルなバッグであった、風呂敷についての過去記事はこちらから。

➡ 日本発のバッグ。海外にも伝えたい伝統文化、サステナブルな風呂敷包みの記事。


#海外#日本文化を世界に#海外#ギフト#プレゼント#サステナブル#日本#メイドインジャパン#クラッチ#ワビナル #バッグ #帯 #どこででも誇り輝く #循環型 #エコシステム #伝統文化 #リサイクル #江戸 

#wabinal#japanese#Japan#fashion#bag#gift#madeinjapan#clutch #artcraft #ecosystem #heritage #sustabnable #SDGC 

Contact Us

  ​Email: info@wabinal.com  

  • White Facebook Icon
  • White Instagram Icon

WAIN GROWTH LIMITED7th Floor, 2 Pinfold Street, The Balance, SHEFFIELD, South Yorkshire, S1 2GU, United Kingdom

© 2018 by  wabinal all rights reserved.